2012年11月24日土曜日

アルミホイール塗装施工例   茨城県稲敷市 BodyShopKaito

過去のアルミホイール塗装施工例

インプレッサ BBS  アルミホイール塗装


剥離材で塗膜を落としてお持ちして頂きました。



完全には落とせておりませんので、仕上げは私が、ペーパーで磨き上げます。



脂分汚れを綺麗に落としサフェーサー(下塗り)の塗装



サフェーサーを乾燥させ、塗膜を密着させる為の足付け。

ガンメタに塗装 



新品のように綺麗に仕上がりました。



アルミホイール部分塗装

施工前



施工後





LX470 アルミホール塗装

施工前



このホイールなんと28インチ自転車なみの大きさ



塗装しない部分をマスキングテープで養生




ディスクの一部を車のボディーと同色のブラウンパールに塗装




E39アルミホイール塗装

施工前



ディスク側面の丸い部分を塗装。

塗装しない所をマスキングテープで養生



こちらもボディー同色のブラウンに塗装



車に装着




ワゴンR用純正アルミホイール塗装

ディスク面にキズがありますので塗装する事にしました。




キズを落としサフェーサーの塗装



ディスク側面は塗装しませんので、ディスク正面を残しマスキング養生

グリーンパールに塗装




マスキングテープをはがし完成

グリーン×ブラック



角度を変えると黄色味が消えます




WORK メッキアルミホイールをマットブラックにペイント




メッキホイールに塗膜を密着させる為ペーパーで足付け



メッキの場合塗装の食いつきが悪い為、DuPontのウォッシュプライマーで塗装

ウォッシュプライマーとは、金属鉄板・軽合金等の表面をわずかに腐食させて塗料の
密着力を良くするプライマーで、耐蝕性・耐ブリスター性に優れてます。




ウォッシュプライマーを足付けし、サフェーサー塗装

(ウォッシュプライマーの上に上塗り出来ませんので、サフェーサーを挟みます)


      色付きアルミホイールの場合は、ウォッシュプライマーと
      サフェーサーの塗装はしなくてもOKです。




マットブラック塗装の完成



塗装剥離して塗装の場合は、タイヤを外してお持ちして頂いておりますが、
キズ修理後塗装でしたら、タイヤを付けたままお持ち頂いても結構です。

塗装の事なら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

アルミホイールのお問い合わせは、http://www.kai-to.com/qa/


茨城県稲敷市   ボディーショップ皆藤


0 件のコメント:

コメントを投稿